Nahyat

糸の多様性を嗜む

Nahyat(ナヤット)は、セーターを一つの触媒とし糸がもつ多様性を嗜むことを主とした衣服をつくります。

羊や蚕、綿や麻などの植物、木材パルプによる再生繊維、または化学的につくられた糸に至るまで、あらゆる繊維にはその特有の物質性があり、また多様な情緒があります。

糸の物質性がもっとも顕れる“編み”という手法を用いて、糸が織りなす世界に奥深く分け入っていく。その思索の堆積物がNahyatの衣服です。

Nahyatとは、サンスクリット語で糸を織る、籠を編むなどの意味とされ「Knitting」の語源とされています。
又、ロゴに用いた線は、羊毛のスケールという表皮の陰影を描写したものです。
これらは“繊維”を発見し“編む”術を生みだし今日の衣服に到るまでの人々の智慧に敬意を表しデザインされました。

さいごに

嗜むという言葉の内奥には、穏やかさや寛容さといった物事に際してのある一つの態度が含まれているように思います。
多様さを慈しみ、服をつくる営みとそれを着る人が穏やかであれること。
Nahyatは、そんな営為をデザインしていきたいと考えています。

Cherishing a variety of threads

Knitwear is the catalyst for Nahyat, which makes clothes while cherishing a variety of threads. From wool and silk to plant-based cotton and hemp, recycled pulp to chemically produced threads, every fiber has its own materiality and character.
Using knitting methods that highlight this materiality, Nahyat explores the extensive world of weaving.

The Sanskrit word nahyat, used to describe weaving threads or making baskets, is said to be the origin of the word knitting. The Nahyat logo features lines that represent the shades of the wool (cuticles), symbolizing the original language and materiality of weaving, along with the brand’s respect for the history of knitting and its related discoveries.

For Nahyat, cherish is a word that represents a calm and generous attitude towards things and events. To embrace diversity, to make clothes peacefully and to make those who wear them feel peaceful… these are the aims of the brand’s design process.